本ー感想ーライトノベル

【感想】ネクストライフ17【最終巻なのでまた最初から読み直したい】

こんにちはカイリトです。

今回の記事は、

「ネクストライフ17」

を読んだので感想を記事にしていきます。

初めて感想を書く作品が最終巻になるのは残念だけど、

今回も面白くて他の作品も気になった。

この本についてネタバレがあるので気をつけてください。

買った時の話:最終巻と当日に知った

この本は今までのシリーズを読んでいたので、

発売されると知って当日に買いに行った。

発売日まではこの作品のことを調べなかったので何も知らなかった。

発売日に買いに行った時に、

帯をみて今回で最終巻だと知った。

もう終わってしまうのかという思いで、

驚いたのと残念に思ったりした。

最終巻の表紙がアウラニースだったので、

最後は主人公のマリウスか、

ヒロインのアネットとアステリアになると思っていたのでびっくりした。

本屋で買ったので他に面白い本はないのかと、

少し探したりしたけど、

まだ読んだことのない本があったので、

買わないようにすぐに帰ることにした。

本を読んでみての感想:マリウスとアウラニースの戦いで本気ではないのが残念だった

今回の話はマリウス達が、

バーラを弟子にして、

バーラとエレンの二人を連れて、

ランレオからホルディアに帰ってきたところから始まった。

今回は、

マリウスとバーラが魔法を教えあったり、教わったりしたり、

マリウスとアウラニースが戦ったり、

ホルディアに新しい問題が出てきたのを解決したりする話だった。

今からそれぞれの話についての感想を書いていきます。

マリウスやバーラ達の魔法の勉強について:マリウスが一番強くなった

魔法の勉強は始めはアウラニースから、

マリウス、バーラ、ミレーユの3人が魔法を教わった。

その時にはそれぞれに習得の速度は違ったけど、

3人全員が魔法の習得ができていた。

後日にはバーラとマリウスが二人で、

魔法を教えあったりして、

マリウスが魔法のコツを教えて、

バーラからはマリウスが覚えていない魔法を教えてもらった。

今回の勉強の話でもマリウスが8つも魔法を覚えて強くなった。

  • ライフパーセプション
  • シールド
  • バリア
  • ガード
  • ブロック
  • プロテクト
  • パリィ
  • カタフラクト

この魔法がマリウスが今回身に付けた魔法で、

防御魔法がほとんどだった。

だけどこれらの魔法は同じようなものがあって、

あまり使うことにはならないと思う。

マリウスはアウラニースという最強の相手に勝ったのに、

まだ強さを求めて勉強して、

強くなろうとしているのはすごいと思った。

マリウスとアウラニースの戦い:本気の戦いを見たかった

魔法の勉強が終わると、

  • マリウスvsアウラニース
  • バーラ&ミレーユvsアウラニース

の戦いをやることになった。

マリウスとアウラニースの戦いは、

ほとんどが低い階位の魔法で、

本気ではなかったと感じた。

戦いの中で一番階位が高かったのは「エクレール」という、

1級魔法を一回使っただけだった。

この巻で終わってしまうと知ってからは、

最後には全力で戦うようになったら良かったのにと、

少し残念に思った。

雨がふらないという問題が出てきた:アネットが解決した

マリウスとアウラニースとの戦いが終わってから、

城に戻っていくと、

ホルディアに新しい問題がアステリアに伝えられた。

その問題は干ばつまでは行かないけど、

雨の量が少なくて農作物が少なくなる兆候が出てきた。

その解決として、

  1. アネットにドラゴンを呼んでもらい雨をふらす
  2. マリウスが魔法で雨をふらす
  3. アウラニースになんとかしてもらう

という案が出てきた。

マリウスは魔法の長時間の制御に自信がなかったので、

最初はアネットにドラゴンに対処してもらい、

それでダメだったらマリウス、アウラニースが対処していくことになった。

その話の翌日に、

さっそく問題の場所にマリウスとアネット、エルムの3人で向かうことになった。

問題の場所で責任者とあった後はすぐにアネットにドラゴンを呼んでもらった。

ドラゴンに雨を降らせる場所を教えるために背中に乗り、

雨を降らせることに成功した。

この問題を解決するために、

ドラゴンを呼んでお願いしていたのを読んで、

マリウスもすごいけどアネットも負けずにすごいと思った。

このホルディアには、

マリウスとアウラニースなどの力が強いもの以外にも、

アネットやイザベラ、エルム、アステリアなどの、

色々なことができる仲間がいるので、

これからも問題が出てきてもなんとかしてホルディアは発展していくと思った。

読み終わってから感じたこと:三大魔王が一人出てこなくて残念だった

この作品が最終巻と知って読んでいたら、

三大魔王の話題が出てきたけどそれだけで、

最後の一人は出てこなかった。

それ以外にもエルムが何か計画を立てていたけど、

なんのことかわからなかった。

などのようにまだわかっていないことが多くて気になったりした。

最終巻を読み終わってからは、

また書籍やウェブの方を最初から読みたい気持ちになりました。

他にもこの作者が何を書いているのか気になって、

調べてみると「日常ではさえないおっさん、本当は地上最強の戦神」があった。

この作品は書籍化しているので読んでいない本がなくなったら読んでみようかなと思った。

まずは「小説家になろう」に作品があったのでそっちを先に読んでみる。

下のリンクが「小説家になろう」にあるリンクです。

「日常ではさえないおっさん、本当は地上最強の戦神」

https://ncode.syosetu.com/n3740ei/

この作者の作品は2作品以外にも、

小説家になろうに他の作品があったのでそちらも読んでみたい。

まとめ:作者の他の作品を読んでみたいと思った

今回の記事は、

「ネクストライフ17」の感想を書いていきました。

読み終わってから今回のマリウスとアウラニースの戦いは、

あまり本気ではなかったので前にやった戦いをもう一度読みたいと思った。

これでネクストライフは終わりになってしまうけど、

まだまだ問題は出てくるように感じた。

だけどまた魔王みたいな力が強い相手が出てきても、

マリウスなら難なく勝てると思った。

今回の巻で最終巻になるけど、

今まで面白くて楽しんで読むことができたので、

作者に対して感謝の気持ちがあり、

この作者の作品をまた読んでみたいと思いました。

作者の他の作品を読む前には、

この作品を書籍とウェブの両方を読み直していきたいです。